2018/11/28 00:08

【ノロウイルス対策】
冬に活発に活動するウイルスの代表が、ノロウイルスです。
感染力が非常に強く、ごく少ない量のウイルスでも感染します。

同じ人が何度も感染します。
潜伏期間は一般的には1~2日で、発症すると
おう吐、腹痛、下痢、発熱を引き起こすことが特徴です。
人によっては1日に10回以上の水様便が続き、
大切な体液を奪い続けます。
乾燥に非常に強いうえ、
アルコールや酸、高温への抵抗力が強いことも分かっています。
冬の乾燥した室内では、乾いたウイルスが空気中に舞うことも考えられます。
ノロウイルスには有効な抗ウイルス薬はなく、
予防には手洗いの徹底や感染者のおう吐物や便の適切な処理しかありません。
免疫力の弱いお年寄りの方や、脱水状態が進行しやすい小児やお年寄りは、特に気をつける必要があります。

アルコールで除菌できないノロウイルス
ではどうすればいいのか?

次亜塩素酸水というものを使うのです。

次亜塩素酸水はウイルスの細胞壁、核に作用し除菌しますので99.5%除菌します。
なので大切なお子様を感染から守れて安心です。

「大切な家族をノロウイルスから守りたい」
 もしあなたにそんな思いがあるなら
是非、一度、お試しください。