2018/11/06 23:39

【食中毒】アルコールの効かない菌・ウイルス【感染症】


アルコールの除菌・殺菌効果のない菌やウイルスをまとめてみま した。 

アルコールの除菌・殺菌効果のない菌やウイルス 

1芽胞を形成する細菌

芽胞とは一部の細菌が、増殖に適さない環境になったときに形成する、

耐久性の高い特殊な細胞構造。

熱・薬剤・乾燥などに強い抵抗力を示し、長期間休眠状態を維持できる。

増殖に適した環境になると発芽して菌体に戻る。
炭疽菌
破傷風菌 

セレウス菌
ツリヌス菌
ウェルシュ菌 

食中毒の原因になるのは、下の3つ、カタカナの菌てす。 

これらはアルコール除菌はてきません。

また、芽胞は熱に強いため、加熱 による殺菌効果も小さいてす。

食中毒を予防するには芽胞を形成させないことかイントてす。 

・食材を洗浄して、菌を洗い流すこと ・食へきる量たけを調理すること 

・食へない分はすくに小分けにして冷蔵(10°C以下)・冷凍保存 

・再加熱すること 

また、ウェルシュ菌 は嫌気性なのて

寸胴鍋てはなく平たい・浅い鍋て調 理し、

加熱時に酸素に触れるように加熱することて

食中毒を予防するこ とかきます。 

2エンヘローフ を有しないウイルス 

ノロウイルス 

ロタウイルス 

エンテロウイルス 

アテノウイルス 

・コクサッキーウイルス 

アテノウイルス (ール熱 )やエンテロウイルス (手足口病)、

コクサッ キーウイルス( ヘルハンキーナ )は

夏風邪の原因ウイルスてもあります。 

これらのウイルス感染を予防するためには、 

次亜塩素酸水や加熱 (熱湯、煮沸)による消毒か効果的てす。

たとえは二枚貝ノロウイル ス食中毒を予防するためには、

食材の中心温度か85~90°Cて90秒以上の 加熱か必要てす。

さらに、調理器具(包丁、まな板、ホウルなと)の

熱湯 消毒や次亜塩素酸水消毒(perfect clean)することて

他の食材にノロウイルス つくのを防きます。 


3真菌(カヒ

白癬菌
カンシ これらに感染したときには抗真菌薬て治療します。 

以上か、アルコールの効かない菌やウイルスなとした。 

食中毒予防には、アルコールたけてはためということてすね。

次亜塩素酸水(perfect clean)や加熱・熱湯消毒も組み合わせて、

食中毒を予防します。