2018/11/02 01:04

近年毎年のように流行し注目されているのが「RSウイルス感染症」


咳や鼻汁・鼻づまりなど呼吸器症状を引き起こす「RSウイルス」主に乳幼児がかかる病気とされていますが、小学生以上や大人でも感染します。


大人が発症した場合、重症化することもあるので注意が必要です。


重症化すれば肺炎のリスクもある

「RSウイルス感染症」


RSウイルス感染症は、RSウイルスの感染によって咳、鼻汁など呼吸器症状を引き起こす病気です。


生後1歳までに半数以上が、2~3歳までにほぼ全ての子どもが感染するとされており、乳幼児の代表的な呼吸器疾患の原因となっています。


年齢を問わず生涯にわたり感染を繰り返し、大人が発症する場合もあります。


<特徴・症状>

一般的には鼻汁・鼻づまりなど軽い「鼻かぜ」の症状からはじまり、2~3日後には咳き込み症状が現れます。


乳幼児では強い咳き込みや喘息のような喘鳴・呼吸困難、38度程度の発熱を伴うこともしばしばあり、特に生後6カ月以内の乳幼児が感染した場合、細気管支炎や肺炎など重症化する確率が高くなります。


ほとんどの場合1~2週間で徐々に回復しますが、重症の場合は呼吸困難などで入院が必要となる場合もあります。


例年、秋から冬にかけて増加し、冬季にピークがみられます。


<大人が感染した場合>

年齢が上がるにつれて症状は軽くなります。

RSウイルスに対して免疫を持っているので発症しても軽い「鼻かぜ」程度でおさまることが多いようです。


そのため、大人がかかってもただの風邪だと思い、知らないうちに乳幼児にうつしてしまうケースがあるので要注意です。


しかし、大人でも気管支炎や肺炎を起こすケースも報告されており、その場合は38度以上の発熱が5日程度続いたりします。


また、高齢者が感染した場合は急性下気道炎の原因になることもわかっています。


<感染経路と潜伏期間>

主な感染経路は、患者の咳やくしゃみなどによって感染する「飛沫感染」と、患者と接触したりウイルスの着いたドアノブなどに触れて感染する「接触感染」です。


手についたウイルスは約30分もの間感染する力を持っているため、かなり感染力が強いウイルスと言えます。


感染してから発症するまでの潜伏期間は2~8日。

典型的には4~6日とされます。


<予防法>

RSウイルスは飛沫感染と接触感染で広がるため、マスクの着用と手洗いを徹底しましょう。


家庭内での感染が多いとされており、家族みんなで予防の意識を持つことが大切です。


<対処・治療法>

残念ながら、RSウイルスに対するワクチンや治療薬(抗ウイルス薬など)は現在のところありません。


感染した場合は、咳き込みなどの症状に対しての対症療法が主体となります。

症状が出始めた人はマスクをする、乳幼児との接触を避ける、寝室を別にするなど、早めの対策を行うことが大切です。


外出先から戻った時は次亜塩素酸水での手洗い、空気除菌、

うがいは口腔用にできている次亜塩素酸水パーフェクトペリオでうがいをお勧めします。